24時間マラソン、ブルゾンちえみが完走しましたね。


ということで今日のブログは全寮が泣いた(?)感動の駅伝完走編です!



駅伝2日目はキャンプ場より出発です!


私たちの車は最後に走る予定だったので、とりあえずチェックポイント付近にむかい、お昼を食べました。


スマホで調べ、行き着いたところが



喫茶マリン!



レトロな雰囲気でとても素敵なお店なのですが、とにかく量が多い!!



写真は普通盛りのナポリタン。めっちゃでけえ。



そしてこちらが大盛り!!!山!!!


ある意味寮生向けのお店ですね。


ただ味はとてもおいしい。ほんとに。




案の定やられるこーろさん(2)とティッシュさん(2)



そして大盛りの裏でやられてる遊佐さん(2)



その後はいっぱいのお腹をかかえて土々呂峠へ。



猫バスだー!!!



かわいい〜。



とかやってるとだんだん天候があやしくなってきました。





雨が降ったら中止することも考えていましたが、結局雨の中走り続けてもらいました。




最後から2番目のティッシュさんが走っている間、



みんなが繋いできたたすきを受け取ることに緊張する第309期士幌委員会委員長のこーろさん。


たしかにここまでみんなで200キロ以上走ってきたのか〜、と考えるとすごいですね。



いよいよこーろさんにたすきがわたりました。


走るこーろさんを見届けて、


みんなは先に帰って寮で出迎える準備です!




そして


夜の12時、


感動の、



ゴール!!!!


2日かけて士幌小屋から帰ってきました!


走りきれるか、ちゃんと上手くいくか心配でしかたなかったけど無事に終わってよかったー。



「…太宰府は??」「太宰府がいない!」とC1外が太宰府(1)を探しだしました。


ずっと自転車で並走してくれた太宰府が…



帰ってきたー!



走りきった太宰府をハグで出迎えるにしのそのさん(3)


今熱い男として有名な太宰府、こーろさんよりも熱い出迎えかも。


自転車の2人ほんとにありがとうございました。



駅伝おもしろいよ、ときいていましたが、実際に行かないと分かりませんね。


想像以上に楽しかったし、感動もありました。


みなさんお疲れさまです!ありがとうございました。




来年も行こ。


文:別にやられてなかったよアーミー





 

 

昨日無事駅伝が終わりました。

 

二回に分けてその様子を紹介したいと思います!

 

 

23日の朝、走者のために炊き出しでおにぎりとお味噌汁を配りました

 

 

 

朝の9時、第一走者がスタートです。

 


第一走者のぱいおつ(1)

 

朝から眠そうな顔と評判。がんばれ〜!

 

 

まじで無理〜とか言ってたくせに速かった。

 

 

他の車の人が走っている間は自由時間!

 

私たちの車は

 

 

お昼ごはんに新得そばを食べ、

 

 

新得山に登りました!

 

風が涼しくて気持ちよかったです。

 

 

ムーニー(1)にキノコをもらったこーろさん(2)

 

ごっつぁん品だから食べろというムーニーにやや戸惑い気味でした。

 

 

川にもはいりました。

 

水がつめてえ〜〜

 

 

いろいろ遊んでいるとあっという間に私たちの番が来ました。

 

一人目はダイナム(1)

 

 

ダイナムは狩勝峠を登るきつい道を走ってくれました。ありがとう。

 

 

ダイナムががんばっている間私たちは

 

 

「新得町文学の散歩道」なるものをみつけお散歩にいってみることに。

 

 

林をぬけると

 

 

水車があって

 

 

本日二度目の川!

 

 

本日二度目のキノコ!!

 

 

川に入る時に常時クロックスなのはいいね。

 

 

 

大富豪をしながら待って、次の走者のしょうだい(1)へ!

 

 

峠を自転車で登っても余裕のティッシュさん(2)。すげ〜。

 

 

次のチェックポイントの狩勝峠展望台へ。

 

個人的に好きな場所の一つです。みはらしめっちゃいいね。

 

 

最後の車のメンバーが走り始めるときにはもう日が沈みかけていました。

 

 

朝に出発したのですが、最後のほうにはもう真っ暗に。

 


もっと早く走り始めるべきだったなあ。

 

 

この日はキャンプ場に泊まりました。

 

星空がすごいきれい。

 

 

 

 

この日はよく晴れていてよかった!

 

次の日の様子はまた明日。

 

 

文:さっき書きかけを消してしまったショックアーミー

 

 

 

 

 

 

 

突然ですが、寮内のとある部屋を紹介します。

とある場所にある、秘密の部屋・・・

 

 

かたかた部屋です(廃墟ではありません)

 

いや、最近改名して、「アトリエ部屋」になりました。

要は、芸術活動のための部屋とでも言いましょうか。

 

実は、すごい部屋なんですね。

 

まずはコレ。

かたかたです。

かたかたというのは通称で、ミシンです。実はこのミシン、一般家庭にあるミシンよりもはるかに高性能。詳しいことは知らないのですが。刺繍機能もついてるらしい。

 

 

他にはいろいろ、衣装の作り方の本とか、イラストの描き方の本とか、いろいろ置いてあったり。

 

寮生による芸術系雑誌、白百合があったりします。

(1年くらい前、白百合会という芸術活動部屋がありました。その部屋が発行した雑誌です。北大芸術部「黒百合会」の名前をもじています)

 

さて、次が目玉。

 

液晶ペンタブです。さっきちょっと写ってましたね。

大型で使いやすい。

寮生ならだれでも使うことが出来ます。これまた個人では手が出しにくい代物。

大人数でモノをシェアして使える寮なればこそ買えるものですね。

 

以上、ちょっと寮の一部の紹介でした。

 

 

櫻井

今日は主に一年生にとって、とても大事な日。

前期の成績が発表される日なのでした。

 

特に総合理系の人などは、単位が取れているかだけでなく評価の良し悪しも気になるところ。

 

何人かに、その結果を尋ねてみました。

まず、事務室で見かけた一応(?)一年生のフジモン(2)。

彼も総合理系なのですが、希望する学部に行けるかどうか微妙なラインの成績だったようです。

この成績で勝負するか、後期も頑張るかはスポンサー(ご両親)との相談次第とのことです。

それにしても彼は髪も眉も無くなりましたが、微塵も怖くないですね。

 

一年目の多い、B2外にも行ってみました。

 


今期フル単(全ての単位を取得)のキメぞ〜(1)。この目は何を見ているのだろう。

成績は可もなく不可もなくといった感じだそうですが、法学部ということで特に拘りはないとのこと。順調ですね。

人をあおるのが好きみたいですね。

 

見た目から優秀そうなターザン(1)。B2外では成績がかなりいい方らしい。でも、学科は保健に決まってるらしい。

 

フル単するも、成績はいまいち振るわない総理のしもだ(1)。後期巻き返したいとの事ですが、この顔を見ると、さて・・・?

 

 

どうも、比較的順調な人の集まる部屋だったみたいです。(聞くところによると、14単位の部屋員もいるそうですが。)

※前期15単位未満の寮生は、筆者の経験則から留年しがちです

 

良いも悪いも受け止めて、夏休みを楽しみましょう。

 

文:櫻井

7000人まつり士幌ツアー紹介、最終回です。

 

この日は前日の疲れもあってか、出発は昼過ぎになってしまいました。

まずはご飯とお土産を求めて帯広へと向かいます。

 

その途中にある音更町。

こちらにおいしいチーズケーキ屋があるという事で、立ち寄ってみました。

 

その名も、一厘。店主さんが一人でやっているらしく、一日あたりの生産量が限られているとのこと。

品切れになることも多いらしいのですが、幸い買うことができました。

 

こんな感じのお店です。そんなに派手じゃないですね。知る人ぞ知る、って感じでしょうか。

 

こちらがチーズケーキ。カットのものです。(食べかけでごめんなさい。)

見た目もおしゃれなんですが、濃厚で甘くて、とてもおいしいのです。個人的には今までに食べたチーズケーキの中でNo.1です。

ぜひ一度食べてみてください。

 

さて、それからしばらく車を走らせ、帯広に到着です。

平日の3時過ぎということで、豚丼の有名店に行ってみることにしました。

もし休日のお昼時にでも行こうものなら、長蛇の列に並ばなければならないこと必至の人気店、『とん田』です。

 

 

 

写真は店内に掲示してあった十勝毎日新聞の記事です。左端ののれんがとん田。いつもここまでの行列という訳ではないですが、それだけの人気店ということです。

 

自分は数か月前に一度だけ食べたことがあります。

 

さて、店の前に行ってみると、シャッターが下りていました。

休業日だったかと肩を落としましたが、「移転しました」との文字に気づく。

 

なるほど、それでは移転先を探そうじゃありませんか。

 

ありました。

綺麗なお店になってました。そして結構大きくなった。

今までが客数のわりに小さすぎたというのもありますが。(前の様子は上の新聞の写真を参考にしてください)

 

食事時を外したこともあり行列はそれほど長くありませんでした。

いよいよ入店。

 

内装も、ピカピカです。

 

さて、肉の種類がバラ、ロース、バラ&ロース、ヒレから選べます。

前回はバラ&ロースにしたのですが、今回は大盛が食べたかったのでバラを選択。

 

おいしそうでしょ(*´ω`*)?今回のブログ深夜に更新してるんですが、目に毒です。猛毒です

 

味が薄ければたれを追加でかけられるのもいい。

 

おいしくいただきました。

また、オリジナルTシャツを売っていて、勝って帰る人もいましたね。

 

続いて、おなじみクランベリーへ。

今回はスイートポテト縛りをしなかったので、みんな思い思いのものを選んでいきました。自分は、これを選択。

スイートポテト以外のものは初めて食べました。

これもまた、美味。

食べてばかりですね。

 

3日間の旅を終えて、帰途につきます。

 

今回のツアーは二日目の町の祭りへの参加が主な目的でしたが、それ以外にも新しいお店の開拓など、いろいろな楽しみがありました。

 

参加者の皆さん、お疲れ様でした。

ブログを読んでくださった方々、ありがとうございました。

 

文:櫻井@五日目

連載が続いた7000人祭りツアーの記事も3本目。

 

2日目の後半、仮装盆踊りです。今回のツアーの目玉のひとつですね。

 

実は3時間前までノープランでした。何も作ってなかったので、出場すらどうしようか考えたくらいです。

しかし、折角来たんだから見るだけじゃつまらない。何とかしようという事に。

 

という事で、急いで作りました。テーマは、馬と人参。どうぞ。

 

はい。手前の二人が人参役(千・1、サイフォン・1)。

奥の手作り感満載の馬に入ってるのがπ乙(1)としょうだい(1)です。

 

誰でしょう。サイフォンです。とびきりの笑顔です。

 

この仮装盆踊り祭り、賞金がすごいこともありどのチームもかなりのハイクオリティな仮装を用意してきます。

参加者は町役場や病院職員、士幌小学校5年生チームなど、もう町みんなのお祭りという感じです。

この祭りのために時間をかけて準備をしてきたのかと思うと、いいなって思いますよね。日常の仕事などの合間にこうやって町のお祭りのためにみんなで準備をする。そんな元気な町が士幌町なのでしょう。

 

人魚姫をモチーフにした仮装です。キラキラしてますね。

 

お寿司の仮装です。写真からは見えませんが、巻きずしの他に背中に握り寿司のネタをしょった人たちが踊っています。どれもハイレベル。おいしそう。

 

我々の馬は異彩を放ってはいましたが、ここまで気合の入った仮装の前にはかすんでしまうところです。やはり、準備の差か。

残念ながら、入賞はできませんでした。上の寿司は、賞金を獲得していましたね。流石です。

 

閉会式の、馬。傷跡だらけ。あれ、これもしや、仮装じゃないのかな

 

撤収する、馬。2時間の盆踊りで、もはやボロボロ。

 

 

今回は残念な結果でしたが、祭りは毎年あります。

しっかり計画して準備して、来年こそは入賞を目指せる仮装を披露したいものです。

 

いろいろあった二日目でした。次回、完結編。

 

文:胴体制作係の桜井



22~24にかけて士幌駅伝をやります!


士幌小屋から寮まで2日かけて走って帰るという企画です。


今日はあさって走らなくては行けない9キロのことは考えず楽しく小屋へ向かいます!


まずはスイーツロードへ行きました。



こちらはほんだ、というお菓子屋さんです。


アップルパイが有名らしいのですが、売り切れ!


だったのでケーキを食べました。



おいしい〜〜。


なんとコーヒー無料!(寮務部と被ってる…)


今度ぜひアップルパイを食べたいですね。



次は岩瀬牧場というジェラートを売っているお店に行きました。



花と写る拷問ピエロ(1)


「インスタ映え」をテーマにポーズをとってくれました。ありがとう。



このジェラート、牛乳の味がしっかりしててめっちゃうまかった。



晩ごはんにはまさ屋という鉄板焼き屋さんに行きました。



ドアを開けてくれる石渡さん(3)。ジェントル〜〜。



写真を撮られてることに気づいてこっちを撮ってくる石渡さんとガーリックライスを食べる拷問ピエロ。



石渡さんと私にカメラを向けられ微妙な顔をする拷問ピエロ。



ちなみに旗がたっている、ということが富良野オムカレーとしての条件の1つらしいのですが、



オムカレーをたのんだ他の3人から旗をもらって喜ぶトミー(1)


櫻井さんも書いていましたが士幌は何回行っても楽しいですね!


あしたから駅伝がんばりましょう


文:温泉入ってぽかぽかアーミー





 

今日、8月22日

1ヶ月近く前から情宣されていた断髪式が行われました。

 

断髪式とは、北大応援団のボロ羽織が

1年と4か月伸ばした髪を断髪する行事です。(合ってる?)

 

 

断髪することには、色々意味が込められていそうですね。

 

 

65502.jpg

↑赤フン姿のボロ羽織3人。

 

65503.jpg

 

まずは西尾から。

「松元一平さんに切ってもらいたい」と言ったものの、

一平さん(5)、不在。

 

かわりにマツモト繋がりで松キヨ(5)さん登場。

 

 

それぞれ、切ってほしい人に切ってもらった後、

(むしろ切ってほしい人に切ってもらえなかった後?)

みんなで髪を切っていく。

 

65504.jpg

↑カリスマ美容師池田(2)に切られて胸踊る西尾(2)

 

65505.jpg

↑最近やばいと噂のゾク男(2)に剃られるふじもん(2)

 

ふじもんのテーマは「恵迪寮」

 

65506.jpg

 

西尾は「頭が物理的にお花畑」がテーマ。

 

このテーマは3人が設定したものをシャッフルしたものです。

 

ちなみに陣野原は「サッカーボール」

ずっとスミヤ(1)が一人で作ってました。

 

65507.jpg↑完成

 

まさかのピンぼけ

 

 

3人とも、1年間お疲れ様でした!!

 

 

文・西村

 

筆者が事務室で漫画を読んでいると

竹槍(5)が「西村も行こうぜ!」と誘ってきました。

 

 

夏休みの醍醐味ですね。

 

 

寮から約20分自転車を漕いでいくと…

 

来ました!!

バッティングセンター!!

 

65499.jpg

↑目が半開きの金持ち、野中(2)

 

100km、120km、140km…と

さまざまな急速の球を打てる。

20球100円と値段もリーズナブル。

 

 

各々、バッティングを楽しむ。

 

 

そんなとき、

 

 

竹槍(5)「賭けようぜ!野球賭博だ!!」

 

120kmの球を何本打てたか(ファウルを除く)で

ジュースを賭けて勝負することに…!!

 

 

 

65500.jpg

↑「120km?日和ってんすか?」…とは言ってない北口(1)

 

結果、負けたのは竹槍(5)と野中(2)の二人。

1位は筆者(2)で20本中18本でした。

 

俺すげえ。

 

 

65501.jpg

↑ジュースは帰りにマックで精算。

 

 

良い夏の一日になりました。

 

 

文・西村

「7000人まつり」が「フロロロ(福龍・5)まつり」に見えたと行ったのは、どうやら森さん(7)らしいですね。

 

ツアー二日目を紹介していきます。

 

来ました、しほろ7000人のまつり。

大きなみこしが目立ちますね。

 

 

この祭りでは、町で出している「ごぼうスティック」の出店の手伝いをしたり、おもちゃコーナーで子供たちと一緒に遊んだりなどしました。

 

写真は左からはんなり(1)、π乙(1)。目の前に置いてるのは、試食品です。はんなり、食べちゃダメです。

 

 

 

右の子は、跳ぶよりも回す方が好きらしい。仕方なく自分が跳ぶ309(左・1)

 

 

竹馬に乗ろうと試みるがいまいち上手くいかないちゃんぴん(4)

 

さて、前日から委員長こーろ(2)の頭を悩ませ続けていた、一発芸大会。

 

結局、二人羽織をすることにしたようです。

30秒でかき氷を食べきると宣言し、スタート。

 

めちゃめちゃこぼしてます。後ろに入ってたのは、309でした。

 

寮生からは、もう一組出ました。今回のツアー隊長、しょうだい。

コーラを一気飲みしたのち、徳川15代将軍をげっぷせずに言い切ると宣言。

勢いよく飲みます。

 

しかし、8台吉宗まで言ったところで、なかなか聞く機会の無いような大きなげっぷがさく裂。

 

すかさず司会の芸人さんがツッコミに入ります。

 

失敗はしましたが、観客を笑いの渦に巻き込んだのはさすがです。

 

二組とも、豪華な参加賞をゲットしていました。

 

仮装盆踊り編は後半へ!

 

文:櫻井


Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Total

Today

Yesterday

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM