今日のブログは、またしても士幌ツアーの話。7000人まつりツアーです。

 

写真をデジカメで撮ったのですが、今もまだ出先のためブログに載せることができません。言葉でその内容を伝えていきますので、脳内補完でお楽しみください。

明日あたりに追加で写真が掲載しようと思うので、もしよかったらまた見てみてください。

 

今回通ったのは、旭川ルート。タピオカさん(とにかく目が細い人。4)が酒造に行きたいと希望していたからですね。

 

旭川ルートといえば、やはり砂川スイーツロードは外せない。ほんだのアップルパイ、それから北菓楼のシュークリーム。

 

 

ほんだで引く人たち。タピオカ(4)、サイフォン(1)、しょうだい(1)、309(1)

 

 

自分はピスコットというシュークリームがお気に入りで、これがおいしいんです。

シュークリームではありますが、生地はずっしりと重量感があり、味も濃厚なチーズ味。おかげで食べた後の満足感がしっかりあります。シュークリームって基本スカスカですから、この点は大きいですね。

もちろんクリームも甘くておいしい。北菓楼には魅力的なお菓子が沢山ありますが、このピスコット、ぜひお試しいただきたい。

 

ピスコットの写真はないんですが、こちらはほんだのブルーベリーパイ。

 

旭川では、やはりまず酒造に行きました。高砂酒造です。

酒造とデリカ(レンタカー)としょうだい(1)他

 

冬であれば雪の中に酒を保存してる様子などが見られみたいですが、今回はなし。

よりどりみどりのお酒を選ぶ時間は、何とも楽しいものです。そんなに知識は無いんですが、お酒ごとに付けられたコメントを参考に二つほど選びました。どちらも蔵元限定酒です。そりゃそうです。せっかく来たんですから。

 

それらは後で小屋で飲んだのですが、特に''国士無双・蔵酒一番搾り''が甘くてフルーティで美味しかったですね。また飲みたい。

 

その後、常盤公園でボートに乗りました。

 

30分ボートを借りられて400円〜500円。相場は分かりませんが気軽に乗れる値段ですね。

個人的にはレースとかしてみたかったのですが、タピオカさん(4)が余りに漕ぐのが遅いので諦めました。やむなし。

 

水上にいたカモに接近して写真を撮ったりしていました。

 

さて、旭川といったらみづの、という流れに一石を投じるべく、夕飯は新規開拓を試みました。

お店は、ESPERIO(エスペリオ)。東旭川にある、おしゃれなお店でした。

 

入店するとソフトクリームなどのお菓子を販売するカウンターがあり、食事をしたいと言うと奥の食堂エリアに案内されました。

 

 

頼んだのはハンバーグドーム。

ハンバーグの中にご飯を包むという珍しいメニューです。

 

 

開くとこの通り、ご飯がぎっしり。

 

鉄のプレートにホワイトソースが敷きつめられ、その真ん中に大きなハンバーグ。それなりにボリュームはあります。ソースは、鮮やかなトマトソース。

 

味の方は...薄い。

最初、味が薄くてちょっともの足りなかったのですが、1/3くらい食べているうちに何というか、本来の美味しさ(?)に気付いたような気がしました。

サイフォン(1)です。

 

ラーメンのような濃い味のものばかり食べていると、味付けの上手さが料理の美味しさだと思ってしまったりするわけです。(自分の場合)しかしこのハンバーグドーム、かかっていたトマトソース、またホワイトソースに(多分)入ってたチーズの味、それぞれの味が感じられて、これはこれで美味い。と気づきましたね。

乳製品を使ったスイーツとか販売してるお店です。ミルク本来の美味しさを味わってもらうために、あえて薄めの味付けにしてるのかも知れないなんて考えてみたり、しましたね。

 

旭川を出る頃には夕方だったので、層雲峡で温泉に入って、まっすぐ小屋に向かいました。

 

これは、翌日の祭りの作戦会議をする参加者たち。

長くなってしまったので、続きます。

 

櫻井

 

 

北海道大学では毎年北大マルシェというイベントが開催されています。

 

いろんな農家の方がお店を出していたり、企画があったり楽しいイベントです。

 

 

 

今年の北大マルシェでは第一回北大メシが開催されました!

 

8つのチームが創作どんぶりをつくり、見事1位になった暁には北部食堂のメニューになるという企画です。すごい。

 

 

本日、予選を勝ち抜いた3つのチームの決勝が行われたのですが・・・

 

 

 

炊務部だ!!!

 

そう、我らが恵迪寮炊務部が本選まで残っていたんです!わお!!

 

どんぶり名は「ネバスタ丼」

 

 

 

 

 

料理を作るピン造(1)と解説をする多賀城(1)

 

ピン造がオクラを落とすと、多賀城「これはスタッフでおいしくいただきます。」

 

 

完成!おいしそ〜〜〜。そして簡単に作れそうですね。

 

 

審査員に試食を配る堂下さん(3)と長部さん(2)

 

中間発表は・・・

 

 

う〜〜3位!!

 

あとは審査員の票できまります!

 

 

多賀城によるコメント「この5人(審査員のこと)なら奇跡をおこせます!」

 

 

運命の審査員による投票です。

 

じゃん!!

 

 

 

・・・3票を集めた炊務部でしたが2位という結果に終わりました。

 

残念ですが総長と有名なシェフからの票を得たのはすごいですね。

 

 

みなさんお疲れ様でした!!

 

 

あと応援に来ていた寮生を見ていて思ったのですが

 

 

クロックス多っっ。

 

 

あと寮祭情宣PTもこっそり活動してました。寮祭来てね。

 

文:あ、もう掃除の時間だアーミー

 

 

 

 

 

 

 

 

大学生は8月中旬から9月下旬まで夏休み

すべての休みを計算すると、

 

春休(約60日間)+GW(約3~5日間)+夏休(約45日間)+冬休(約15日間)+土日(約64日間)=…

なんと、大学生は年間約190日も休みという計算になります。

 

 

どんだけ休んでんだよ。

 

という訳で、恵迪寮も例外なく夏休みなのですが、

夏休み中の寮は、帰省する人ががっぽり抜けて、

ちょっとさみしい感じになります。

 

今は、士幌ツアーでまた人が抜けて、

本当に人が少ないですね。

 

 

その代わりと言うか、

蔦は生い茂り、もはやラピュタ。

虫もそれに比例してたくさんいます。

 

北海道の蚊は心なしか大きい気がします。

それにガガンボとかいう巨大な蚊みたいな昆虫もめちゃいます。

 

 

 

最近事務室ではみんな甲子園を見ています。

昨日の仙台育英と大阪桐蔭の試合はすごく湧きました(*´ω`*)

 

 

そんな事務室では、夏休みの寮生を飽きさせないよう、

共用で契約しているWOWOWの映画をたくさん録画しています!

 

 

 

 

また、朝はコーヒー、昼はかきごおりを執行委員会が無料配布!

 

その他にも、

文化活動常任委員会や執行委員会が映画の上映会をやったり、

先述のように士幌委員会がツアーを企画したり、

 

夏休みにも、寮のイベントは盛りだくさん!

 

帰省するのがもったいないくらい…

 

まあ、人は少ないんだけど

 

 

卓球台とピアノのいい感じの写真を撮りにいったら、

 

 

F棟に郵便を配達しに行く執行委員の姿が…

 

我々執行委員会、夏休みも元気に業務しています!

 

文・にしむら

 

 

アーミーが記事書いてくれましたが、士幌ツアーでは車によって別々の場所を訪れることも多いため、1人だけでは紹介しきれないのです。

 

という訳で、自分の車の場合をお届けします。Bサイドですね。どうぞ。

 

 

この車は後発ということで、先発隊が気球に乗ったりしてる間にこんなことをしながら士幌に向かっていた訳です。

 

とれたてのとうきび(トウモロコシ)。なんと生です。しかも、とても甘くておいしいのです。

これは文では伝えられないのですが、驚きでした。果物みたいだって言ってたのは写真のゾンビ(2)だったっけ?

 

最初は生でいいのか半信半疑でしたが、全員一致で美味しいとの感想でした。左:フーガ(2)右:ヨシハル(1)

 

そんなに時間が無かったのであまり目立った寄り道はできなかったのですが、こんな風に道端でおいしい焼き鳥屋を発見したりしてました。

 

で、花火です。

これも当然写真ではその魅力は伝えきれないのですけど、一応撮ってきましたので紹介します。

帽子付きの影は誰でしょう。ピン造です。

三脚が無かったのでぶれてしまってるんですが、花火の壮大さを伝えたくてこの写真を選びました。

 

花火を見上げる参加者たち。ぶれててごめんなさい。花火の赤い光を受けて赤っぽく見えます。

 

大きな花火大会は勝毎以外ほとんど見に行ったことがないのですが、規模はもちろん、音楽に乗せて次々打ち上げていく様子が面白いです。

 

さて、その夜はそのまま帯ヤンのお世話になり。

 

翌朝。この日は時間があったのでいろいろ寄り道ができました。

 

オムカレーの有名店、くまげら。

内装も雰囲気の良いお店です。

 

盛り付けがおしゃれですね。凄い勢いで食欲を刺激してきます。

 

うまこ(1)、ぼのB(1)写真撮るタイミング悪かった...?

 

その後は富良野名物ラベンダー畑へ。

残念ながらベストシーズンではなかったみたいですね。結構刈られてしまってました。

それでも、多くのラベンダーやそのほかの花などを見ることが出来ました。

 

ラベンダー以外にもいろいろあるんですね。

ゼラニウムっていう花らしい。

 

メロンを使ったパンやドーナツなど売っていたので食べてみたときの一枚。

ラベンダーと戯れる、花畑が似合う系筆頭309(1)。あとうまこ(1)。

はしゃぐ。

 

士幌はやはり行ってみると楽しいものです。行かないと忘れちゃうけど、行けば必ず思い出す。

やっぱり旅ってよい。

 

そして、夏の士幌はいいものです。冬もいいけど。

 

了。

 

櫻井

今回は最近あった企画のひとつを紹介します。

 

その内容も、ビアガーデン!

(正確には違うのかも知れませんが、要は昼間から外で居酒屋です)

 

その様子がコチラ。

こちらを向いてピースするかちく(1)、はんなり(1)、コブラ(かな?1)

奥には焼き鳥を囲んでくつろぐ人たちが見えますね。

 

自分も少しいただいたのですが、びっくりするほど美味しかったです。炭火ってすごい。

 

突然カメラを向けられたティッシュ(1)の対応

 

夏って感じのイベントでした。

 

主催してくれたC4内の皆さん、ありがとうございました。

 

文:懺悔の櫻井(3)

 

 

昼12時、まだ寝ていた筆者の寝部屋をノックする音が。

 

ドアを開けると西村さん(2)が「アーミー!飯行こ!」

 

 

ということでチャンピンさん(4)、石渡さん(3)、西村さん(2)、タイガ(1)、309(1)と私でごはんに行くことになりました。

 

 

行く先は一年目による多数決でスパイスに決定。

 

 

スパイスとは寮の近くにあるインドカレー屋さんです。

 

本格的でとてもおいしいです。

 

 

カレーを待つ間にステキな笑顔を見せるチャンピンさん。

 

 

料理がきたよ!やったー

 

 

ブログのせても平気だよと言いつつ顔をこっち向けてくれない石渡さん。

 

石渡さんとタイガはなんか難しい名前の料理を注文していました。さすがグルメ部屋。

 

 

ナンをピザのように食す西村さん。

 

スパイスのナンめっちゃおいしいよ。

 

北海道おいしいカレー屋さんがいっぱいあるね。ごっつぁんでした!

 

 

文:アーミーだよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

車で移動すること30分…

 

65050.jpg

 

 

着いたそこにあったのは…

 

 

65047.jpg

 

 

海だああああ!!!!

 

 

今日はスポーツ愛好会主催の企画で海に来ました。

夏と言えば海というわけですが、

 

8月半ばというのに、気温はむしろ涼しいレベル…

もしも日が出ていなかったら寒かった。

 

 

65042.jpg

↑各々海岸で遊びだす。謎のオブジェを作る女子たち。

 

 

65037.jpg

↑「安心してください、履いてますよ」のトレンディ・ピン造(1)

 

 

65018.jpg

↑スポ愛企画ということで、ビーチバレー

 

 

夏といえば海、

海といえば、スイカ割り!!

 

 

65005.jpg↑スイカ割りの土台となる太宰府(1)

 

 

64997.jpg↑バッドでぐるぐるした後、異常に千鳥足になる系女子・ムーニー(1)

 

 

最終的に、女子3人がスイカ割りに失敗し、

結局、せんとくん(1)が割ることに…。

 

 

64991.jpg↑うん、粉々。

 

 

64986.jpg

↑スイカの汁だまり(通称:太宰府の泉)の虜となるせんとくん(1)

 

 

64972.jpg

↑太宰府(1)も、甘いスイカにこの表情。

 

つらいなあ

 

 

64980.jpg

↑パイナップルだけの女、パッチ(4)

 

パイナップルだけで一躍人気者になってしまい、

どこかさみしい表情をしているのを捉えた一枚。

 

 

 

64974.jpg

↑なんか神々しい光が差し込むビーチ。

 

 

余談ですが、筆者の携帯は水没した結果、

画面に変な線が入ってしまいました…。

 

防水携帯でもやはり海水は駄目なようです…泣

 

 

まあ、そんなことはどうでもよくなるくらい楽しかった!

 

 

「また海に行きたいね!太宰府!」

 

 

64956.jpg

 

「※●△÷×げほっ…」

 

 

文・ニシムラ(2)

 

 

 

 

筆者がまだ地元、福岡にいる時、海の近くの高級ホテルが芝生を解放し、映画を上映していました。

 

あれ、行きたかったなあ。

 

よし、恵迪でやろう。

 

 

ということで今日から3日連続で、野外映画上映会を企画しました!

 

 

初日の今日は、火垂るの墓しゅららぼんを上映。

 

 

芝生の上で涼しい風にあたりながら映画を観る最高でした

 

 

しかし夜中になるにつれめちゃくちゃ寒くなるという誤算。

 

明日から来てくれる人上着持ってきてね。

 

個人的に寝袋がうらやましかった。

 

 

明日は紅の豚とアナベルを流します!!

 

文:火垂るの墓初めて観たかもアーミー



夏休みに入って二つめの士幌の企画、バルーンフェスタと勝毎花火大会ツアーに来ています!


今朝は小雨も降っており、気球が飛ぶのかどうか不安でしたが…



無事に飛びましたー!!


筆者は初めての気球体験で、高さにビビりましたがとても気持ちよかったです。



楽しそうなπ乙(1)。

ちなみに彼のぱいおつという改めはこの場で親御さんにバレるらしい。



そして花火までの時間には、筆者がとても行きたかった足寄動物化石博物館へ連れて行ってもらいました!!!



デスモスチルスたちの骨格の他にもクジラやシャチの骨格もあり、とっても充実した展示でした。



この化石がこの足寄で発掘されたんだ〜と考えるとロマンが止まらない…!



いよいよ夜は花火!



え、なんか地元の花火と種類違う…


なんかキラキラしてる…!!


めっちゃきれい。



見るのに夢中で写真を1枚も撮っていませんでした。


来年行ってみてください!


文:アーミー




 

今年の、この季節がやってきた…!!

 

 

そう、

RISING SUN ROCK FESTIVAL 2017 

 

寮生の中でも、

ボランティアとして行く人、

バイトとして行く人、

 

そして遊びに行く人!!!

 

 

というわけで、RSR2017に行ってきました!

 

 

64700.jpg

↑初めてのフェスにいきり立って赤髪にした筆者(2)の自撮り

 

 

ふ、かっこいいぜ!!

 

いざ、出発!!!

 

 

64699.jpg↑直行バスの列に並ぶタイガ(1)、ワタティン(3)、たかまこ(1)、小ブランコ(1)、 MIYAVI(2)

 

バスに揺られること30分、

到着したその地は…!

 

 

64698.jpg

 

まさかの雨。

 

 

64696.jpg

 

ひどい箇所だと、足がのほぼ水没する状態…

 

 

そんななか、物販やら、アーティストのライブやら、たくさん回りました。

最初は足が寒すぎて死ぬかと思った(夏フェスなのに)

 

 

64693.jpg

↑ライブ会場の一つ、EARTH TENT

 

 

64692.jpg

↑音響のプロたちが、整備しています。

 

 

 

フェスだと、アーティストを近くで見るチャンスが増えて売れしいところ。

ちなみにこれはBLUE ENCOUNTのライブ前の様子

 

書いても伝わらないけれども、ブルエン、最高に激アツでしたね…

 

64689.jpg↑こちらは、back numberのライブ前の様子。

 

すごい顔して必死にうたうボーカル・清水依与吏を見て、

back numberがちょっと好きになりました。

 

 

フェスだからか、歌う曲も有名どころが多くて初心者も安心!

 

 

 

 

そしてそして、フェスと言えばグルメも注目!!

 

 

64695.jpg

↑スープカレー麺

 

これは、北大生におなじみのスープカレー屋さん

「ピカンティ」が出しているラーメン。

 

もちろんフェス限定メニュー

 

事前情報を得ていたので、

すかさずゲットしました!!

 

これ以外にも、ラーメンやらジンギスカンやら、石狩鍋やら、

北海道の魅力いっぱいでした!

 

 

64686.jpg↑夜になると、ライトアップされるエリアも見物です。

 

(暗いのでぬかるみに足を何回も取られて怖かった)

 

夜は

マキシマムザホルモン、MONGOL800で全体力を消耗…。

 

 

 

64684.jpg

 

そして、RSRといえばやっぱり

ライジング・サン!!

 

つまり日の出!!

 

今回は、全体的に曇ってて朝日を見ることは出来ませんでしたが、

くるりを聞きながら、迎える夜明けは最高でした。

 

(みんなめっちゃ眠そうだったけど)

 

受験生の皆!!

RISING SUN ROCK FESTIVAL、恵迪寮に入ったら一緒に行こう!

 

 

64694.jpg

 

…とワタティン(3)がおっしゃっております。

センターまでちょうど156日だね。頑張ろう!

 

 

文・西村

 

 


Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Total

Today

Yesterday

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM