今日は、純友さん(4)と、久しぶりの2限に行きました。

理由は単純明快。レポートの内容を知るため。

 

 

 

しかし、なんと、休講。

 

↑途方にくれる二人

 

 

突然、3限まで2時間半もの時間が空いてしまいました…。

 

 

一旦寮に帰ると、3限に行くのがだるくなるのではないかという懸念があり、

とりあえずを食いに行って、そのあと図書館で時間を潰すことに。

 

 

飯に行くということで、多賀城(1)にヘアサロンをぶっちさせて誘拐。

 

↑誘拐された多賀城(1)

 

 

夏だし、辛いものを食べたいという筆者の欲求。

 

 

というわけで、今回、訪れたのはこの店!

 

 

「万豚記」

札幌駅から、地下に入って3分くらいで着くこの店。

 

そして、テーブルに着くなり店員さんに注文。

 

 

出てきたのは…

 

 

「超辣担々麺」(大盛り) 1100円!!!!

 

いやー。最高に辛そう!

思わず、手ブレ!

 

 

 

とりあえず一口…

 

 

…美味い!

 

 

花椒のよく効いたスープに、しっかりとした旨味があって、まさに辛旨!!!

 

 

 

 

 

しかし、辛い!!

とにかく辛い!!

 

 

 

スープの中から大量の唐辛子が出て来るわ出てくるわ

こいつら無限か!

 

 

 

ちなみに奥に見える黒いやつも唐辛子

これを噛むと、中に入っている大量の種も一緒に噛んでしまい、

口の中が阿鼻叫喚地獄と化す。というか、化した。

 

 

 

↑激やられの多賀城(1)。

 

意識は別次元に転送されてしまったようだ。

 

しかし、彼は悪くない。

悪いのは、傲慢な人類の好奇心である。

 

 

 

 

 

多賀城「よくBarとかで、お酒を『隣の方に』って言ってあげることあるじゃないですか。そんな感じに『超辣担々麺、隣の方に』をやってもいいですかね?」

(壁の模様の三ツ星を見て)多賀城「なんでこんなところに三ツ星が書かれてるんだ(怒)」

多賀城「やばい吐きそう」

 

 

やはり、辛さによるストレスは計り知れない…。

 

 

 

純友さん(4)曰く

「このスープはまるで社会のようだ。辛くないようで、じつは辛い。」

 

 

 

 

 

深い。

 

 

実に2時間に及ぶ格闘の末、

なんとか全員完食。

 

↑完食の直前。

 

 

 

おかげで、全員3限には行くことができなかった。

仕方がないので、ちょっと遊んだ後、みんなでアイスを食べた。

 

 

 

 

辛極(からごく)のあとのアイスは格別!

やっぱり夏はアイスに限る!

 

文・西村

 

Related Entry
Comment
僕は辛いの苦手ですけど、食べたくなりました
  • 気管支トーマス
  • 2017/07/14 14:43





   

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

Total

Today

Yesterday

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM