ブログをご覧の皆さんこんばんわ

今回、ちょっとトラブルが起きまして

ブログが見れないよ〜という方もいたのでは無いでしょうか。

(ちなむとブックマークからだと見れたので、この機会に是非ブックマークを)

 

 

しばらくブログを更新しないうちに

309期執行委員会が終わってしまいました!

 

いやー。この間、半年間よろしくお願いしますと言っていたのにも関わらず、

もう気がつけば暦の上ではディセンバーとなってしまったと…。

 

(12月、さすが師走。すげー年末感醸し出す)

 

 

 

という訳で、いつもの執行委員会が撮りがちな写真をあげます。

 

 

顔出しNGの人の顔は、その人の目のイラストで表しました。

ゲスの極み乙女。のゲス君みたいになっちゃいましたね。

 

↑ゲス君(これ著作権大丈夫かな)

 

あっという間の半年間でした。

 

今期情宣対応は

櫻井(3)、西村(2)、アーミー(1)でお送りしましたが

 

櫻井さん…実を言うと怠け者

西村…実を言わなくても怠け者

アーミー…何事も置きにしかいけない

 

という謂わばクソ面子でした。(櫻井さんと天野は、今度五丈ごっつあんしてください。)

でも、ここまでブログ更新出来たのは

更新を増やせばすぐに閲覧数が上がる達成感と

皆様がくださる応援コメントのおかげではないかと思います。

 

短い間でしたが、309期の間、ありがとうございました。

これからも自治会ブログをお楽しみ下さい。

310期の人、あとは頼んだよ!

 

文・治験バイト中の西村(2)

 

センターまであと44日!

受験生ファイト!


 

 

今期の寮務部で、いや執行委員会で最も「濃い」やつが、こいつ。

 

 

 

こもろみ(1)だ。

 

こいつの改めの由来は、言わずと知れた2年目の諸見里(2)だが、

こもろみは決して小さい諸見里なんかではない。

こいつは、見た目が濃いのにもかかわらず、なんと中身まで濃い

こいつの放つ言葉の一つ一つが、幾度となく居部屋を氷河期に追い込んできた。

 

そんな彼が今回、寮務部の商品として作り出すのがこれ。

 

 

脳震盪プリン

 

 

そう、彼はこの間、脳震盪を起こして運ばれたばかりなのである。

にもかかわらず、この不謹慎なネーミング。

 

このネーミングセンスは、もちろん筆者(2)のものである。

 

彼もこの笑顔。

 

 

そして、全然関係はないのだが、

濃い顔といえば、こいつ。

 

 

 

古川(2)だ。

 

古川「このプリン、プリンとしてて美味しいね」

 

文・ニシムラ

 

 

昨日はC棟コンパでした。

 

共用棟に集まってC棟民で飲みました。

 

 

おつまみとビールはC3外の人たちが準備してくれたのですが、ビールは瓶ではなくビールサーバー・・・!

 

 

おつまみもおいしかったです。

 

 

 

多くの部屋から来てくれていたみたいで嬉しかったです。

 

たのしかったね。

 

 

 

その裏で寮務商店で販売する310(シュガー)ラスクを作っていた309(1)。

 

全然売れなかったので今日も商店に置くみたいです。

 

みんな食べに来て〜。

 

文:引っ越しやばい(1)

 

体育館使用がありました。

今回のスポーツは2本立て!

 

 

バスケ、そして

ミニサッカーです!(どてら着てサッカーする奴は日本中探しても恵迪寮生だけなのでは?)

 

体育館が全面借りられたので、贅沢に半面ずつ使ってプレーできたのでした。

 

いくつかのチームにわかれて休む間もなく(多少はあったかな)総当たり的に試合していったので、運動不足の自分などはもうバテバテ。

 

時間もたっぷりあり、皆存分に体を動かしていったようです。

 

主催のスポーツ愛好会のみなさん、お疲れ様です。

 

文:筋肉痛(3)

 

あるところに壁画を描きたいという部屋趣旨で集まった部屋がありました。

彼女らは5か月半経ってから気づきました。

 

「壁画を描いていないという事実」に。

 

という訳で、本日企画として皆で壁画を描きました。

 

↑とある一室。

 

 

↑鯛焼きを食べる309改め310(1)

 

鯛焼きで餌付けを行う作戦のようです。

じゃんけんに限った話で言えばふく子(1)の負けですね。

 

 

↑黍団子をあたえられた犬同様、作業に励む310改め佐藤(1)

 

↑筆者も描いてみました。紅いやつです。

 

↑アーミーは何をしているのでしょうか。ちょっとよくわからない。

 

 

↑これは、イカとタコの戦争に巻き込まれた祭魚(まつりんぎょ)です。

 

なんだっけこれ。

 

壁画部屋の人たちも楽しんでいました。

今期もあとちょっとですね。最後までブログ頑張ろう!!

 

おまけ


 


文・にしむら(2)

 

 

本日、309期執行委員会炊務部のラストスペシャルがありました。

値段はなんと100円で、メニューは初スぺと同じ「スープカレー」でした。

 

今までの炊務部の集大成なので、炊務部も気合が入ります。

 

↑配る様子。ラススぺにはいつもよりもたくさんの寮生が集まります。

 

 

 

↑炊務部長・長部(2)

 

 

↑ほおばるトミー(1)

 

「美味しいですねえ。このめっちゃやわらかい角煮は何の肉なんですかねえ」

 

 

そして、ラススぺ名物なのが炊務部員による演台芸。

 

 

↑310期新歓実行委員会ファイターPT長・ターガルーザー(1)

 

 

↑310期新歓実行委員会が新歓実行委員長・ピン造(1)

 

 

↑炊務内ワントップ一平(5)

 

 

↑西村ネタで爆笑をかっさらったふく子(1)

 

 

↑寮内料理四天王に入る堂下恭平(3)

 

 

↑満持しの長部(2)

 

 

 

ちゃぴお

 

 

文・西村



棟コンパがありました!


棟コンパは一階の廊下に畳を敷いて行われます。


新鮮な感じがして楽しいです。


いつもはあまり企画などに参加しない人も来てくれていました。




そして1時を過ぎたころ、選挙管理委員会のアピールがありました。


次期寮長の選挙結果の発表です!


有効票数に達していて無事に決まりました。


その後は事務室で当選飲みがあったのでみんなで寿司を握って持って行きました。



文あみを




 

寮生の朝は遅い。

 

 

しかし、この日は早かったのです。

寮務部員が朝5時に起床し、補談で作業していました。

 

 

寮務部とは、雑用の部局。

華の炊務部とはかけ離れた存在です。

 

しかし、そんな寮務部もスペシャルを作りたいということで、

3週間、金曜日に限り、華金スペなるものを作ってきましたが、

それも今日で最終日。

 

 

メニューは、華金にかけた中華丼と餃子。

隊長のこもろみ(1)は、悩んだ末にこのメニューにしました。

 

純粋にして最高峰、中華料理のど定番を行きます。

 

 

さて、どんなスペシャルが出来上がるのか…。

 

 

↑ボスべを食べ、雪の降る窓辺を見つめるコランダムさん(3)

 

文・西村(2)

この寮で、当番制で作るご飯及びそのシステムのことを

ドイツ語のEssen(食事)からエッセンと言うのは、

この寮のブログを見るものならば、知っていると思います。

 

しかし、現在のエッセンの最高峰の1つを

「どしえっせん」と言うのはご存知でしょうか。

 

そのエッセンを作るのがこの漢…

 

 

カメラを向けるとすぐに去ってしまう漢、「どしえ」

 

以前にもこのブログで取り上げたことがあったが、

彼は一級のエッセンジャーである。

 

 

 

今回、彼が黙って渡してきた料理が、これだ。

 

 

 

なんだ、これは。

見たことのない料理に、筆者は息を飲んだ。

 

とりあえず、ごはんの部分にスプーンを入れる。

 

な…なんだこれは!!

 

上の茶色の皮のような部分は、なんととろろを焼いたものだ!

もちもちとした食感が口の中で、鮭と小松菜(?)の混ぜご飯と絡み合う。

 

そして、そのご飯の中にも、

とろろ昆布、たくあんのギミックが隠されており、

それに邂逅するたび、舌が喜ぶ。

 

極めつけは、上に乗っているこの海苔。

何かと食べてみれば、口のなかにとろとろしたものが…

 

 

ら…卵黄だ!!

 

 

卵黄の天麩羅。

 

 

 

 

くそ。

 

 

 

 

してやられた!!

 

 

 

 

これはもう、エッセンではない。

エンターテインメントである。

 

彼はエッセンジャーではない

イリュージョニストである。

 

 

↑卵黄だと気づかずに食べるあまの(1)。このあと卵黄をこぼす。

 

 

聞けば、この料理、すべてどしえさんの創作だという。

 

 

 

 

 

 

筆者「この人には…勝てないや。」

 

 

しびれた。

 

文・西村(2)

記事を出すのが遅くなってしまったのですが、先日あった中途補充コンパのルポを。

 

今秋中途入寮した新入寮生の数は…なんと2人

異例の少なさです。しかも、うち一人は都合により来れないとのこと。

 

つまり、このコンパ

尾口裕八君歓迎コンパ(全寮規模)

 

という訳。すごいね。文常の心意気ですね。

 

 

司会はもちろんこの人、寮祭MVPの多賀城(1)と純友(4)のコンビ。

司会芸はおそらく一級演台芸製作師の異名を持つ純友さんが台本を書いたのでしょう。ものすごく盛り上がっていました。

 

今回の舞台設定は、学校。

転校生として入ってきた尾口君とさまざまなゲームで遊ぶという流れの企画でした。定番といえば定番かな。

真ん中にいるのが尾口君。

 

おそらく体格の良さから不良役に抜擢されたであろうマーニー(1)。

素のシャイな感じが全く隠せていませんでした。がんばれマーニー。

 

さて、実際にゲームを紹介していきましょう。

 

まず、寮生あてクイズ。

多くの寮生には改めと呼ばれるニックネームがついています。改めを聞いて、その場にいる本人を連れてくることが出来れば正解、というゲームでした。

 

お題は、ゞ豎慇検↓△椶里椶痢↓C歔筺↓ぅ献礇ぅ▲鵝↓イ擦鵑箸ん

1,3,4は想像がつかないことも無いですが、2,5に関しては何ぞやって感じかも知れません。

 

連れてこられた人たち。

左から、ぼのぼの枠、竹槍枠、ジャイアン枠。

何となくわかる気もしますね。竹槍枠としてちゃんと細長い人を連れてきてますし、右も服がジャイアンっぽい。

 

答え合わせ、本人登場。

本物の竹槍さん(5)は、もっと長細かった。

 

前列に立ってるのが本物です。

 

 

 

さて、次は猛獣狩りゲーム。

 

おなじみ猛獣狩りゲームなんですが、ちょっとだけオリジナル要素があり。

たまに、寮生狩りゲーム」が発生し、そのルールは全員で指名された寮生を狩りに行くというもの。絶対それやりたいだけだろ

 

もちろん、ゲームの最後には尾口君が指名されて、なぜか胴上げ(?)されていました。

 

最後に、殺人鬼ゲーム。

殺人鬼といえばおなじみこの人。寮祭の座ですっかり刃物が似合う男になったGOD浅村(1)登場。

 

ゲーム内容は彼とは関係なく、「殺人鬼の舌を見た者は死ぬ」というルール。

どんどん人が死んでいくので、尾口君は人ごみに紛れた殺人鬼を発見すればよいというものです。

 

総じて、新入寮生と在寮生が仲良くなれるようなゲームが容易されていたように感じました。

 

 

 

最後に、文常委員が身を削って作った装飾紹介を。

 

理科室でしょうか。人体模型と、実験器具類。

 

 

何度か登場した演台背景。手前のはガンダム(2)。

 

謎の赤フン赤ちゃん人形。聞くところによると、かすかべ防衛隊だそう。

 

良く見ると、良くできてます。

 

音楽室。

手前の柱と奥の壁、学校によくある穴あきパネルです。こだわりを感じます。

 

職員室です。

 

 

文常の皆さん、お疲れ様でした

長々と失礼しました。

 

文:櫻井


Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Total

Today

Yesterday

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM